会社の認印とは?

  • RSS

会社の設立というと私たちにはまったく関係がないように思いますが、それはどうでしょうか。「会社」というととても大きな企業などをイメージするかと思いますが、個人で起業するものでも会社の設立となります。
会社の設立には、まず会社の名前、会社の所在地、決算月を決定しなくてはいけません。この3つは会社の設立にとっては非常に重要で、後々変更はできますがその変更手続きはなかなか大変だということです。なので、まずこの3つだけは最初にしっかり決めておくのが大切なんです。

そして会社の名前が決定したら、いよいよ印鑑を作成します。
印鑑は会社の設立にはとても重要なものですよ。会社の設立登記のときに印鑑届出書というものに押印し申請するものです。このときに押印した印鑑というものが「会社代表印」になります。つまり会社の実印です。ですから会社設立においてはこの実印にする印鑑だけは最低準備しておかなくてはいけません。

他にも個人の印鑑同様、銀行印などが必要です。その中で「社印」というものがあります。これは個人が使う印鑑とは違って正方形をしています。この印鑑はこの四角形の形から「角印」とも呼ばれています。社印(角印)は、個人の印鑑でいうと認印のような使い方をするんですよ。法人であっても認印は必要です。でもこの社印というのは契約書や領収書、請求書などに用いることになるので、さまざまな人の目につくことになります。見たことがありませんか?企業、法人などの名前の脇に四角いはんこが押されているのを。
とにかく他の印鑑に比べて使用率が非常に高いので、あって損はないものです。

〔売れ筋注目商品のご紹介〕
人気のネイルアートがハンコで楽しめる!
デコネイルのおしゃれはんこが、いま女性に大人気です。
ラインストーンやネイル3Dを施したあなただけのオリジナル印鑑を作ってみませんか?
⇒デコネイル印鑑をチェック!

このページの先頭へ