印鑑の効力

  • RSS

印鑑には個人の印鑑の他にも法人の印鑑というものがあります。会社にも印鑑が必要で、私たちが普段口座を開設する時に銀行印を使うように会社にも銀行印がありますし、大きな契約をする際には実印を使うのです。個人でも会社でも、印鑑の効力というのは同じです。

会社の印鑑でひとつ私たち個人では使わない印鑑というものがあるのを知っていますか?
それは「角印」というものです。角印というのは正式には「社印」と呼ばれるもののことなんですが、四角い形をしているので「角印」と言われています。印鑑専門店などでも角印と表現されているものが多いのですが、角印というのは社印のことですよ。
社印(角印)というのは分かりやすく言えば個人で言うところの認印です。会社、法人の認印だと考えれば間違いありません。

この角印は実際のところあってもなくてもいいという人もいます。たとえば個人事業主の人はこの角印をどうするかと悩む人もいますが、別に認印があれば十分だという人もいるんですが、法人や会社ともなると、この印鑑に関しては会社の顔だとも言われているので、後々急に必要になってから準備するよりもはじめに実印と一緒にそろえて作っておくと困らないでしょうね。

角印は見積書や請求書などの書類に押すものです。会社名と一緒に押印されていることが多いので誰の目にも付きやすい印鑑なので、この印鑑は会社の顔になります。
会社の実印である代表者印は本社所在地である法務局に登記を届けるものですが、角印は法務局などに届出る必要はありません。

〔お役立ち!便利グッズのご紹介〕
オフィスで大活躍のサンビーデーター印。
選べるサイズや書体が豊富で、さまざまな日付表示に対応できます。
さらにインクのカラーもオーダー可能!
⇒データ印のオーダーなら《サンビー館》へ

このページの先頭へ